親愛なる貴女へ

  by ぶどうの木
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マッサージ中、手を止めるのは… | main | いつでもどこでも湿度チェック!! >>

肌断食のすすめ

0

    貴女の肌、過保護にし過ぎていませんか?

    私たちの肌は神様が創られたものだから、本来、素晴らしい機能を持っているはずなのです。そう、自らの力で潤いを持続させる力を持っています。
    けれども悲しいことに、加齢に伴いその機能は衰えます。ですからある程度、外側から補ってあげる必要は生じてきますが、過保護にしてしまってはその機能はますます衰えていくでしょう。

    かく言う私も、かつては入浴後、8〜10種類のスキンケア商品を使っていました。疲れてくたくたになっていても、義務感にも似た思いでお手入れしていました。それをストレスに感じる日もありましたよ(^_^;)
    今は?と言うと…夜のお手入れは美容液1本だけ。それで十分です(^_^)v
    厳しい環境の中で一日闘ってきたお肌、夜くらい少し休ませてあげてはいかがですか?
    足し算だけではなく、引き算する勇気も必要です。

    だからと言って、今までお肌を過保護に育ててきた貴女、一気に突き放すことだけはやめてくださいね。そんなことをすると、貴女のお肌は生きてはいけないかもわかりませんから。

    私は「肌断食」という言葉を使っていますが、いわゆるシンプルケアを提唱しています。もちろんプロとして、皮膚科学に基づいた理論にたって唱えているのです。でもこの話をすると、5時間くらいかかってしまうでしょうからそれはまたの機会にさせていただくとして…
    ここでは、もっと貴女のお肌の底力を信じてあげてください(~o~)とだけ言っておきます。


    エステティックサロンぶどうの木ホームページへ

    - | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE