親愛なる貴女へ

  by ぶどうの木
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なぜなくならない?昔からの演出 | main | 何をしゃべるの?新郎の謝辞 >>

何を書くの?新婦の手紙

0
    さわやかなブライダルシーズンを控え、当サロンもブライダルエステのお客様でにぎわっています。
    と言うことで、前回に続き今回もブライダルネタをご用意いたしました。

    披露宴もおひらきが近づくとご両親への花束(記念品)贈呈のシーンへと進みます。そこでかなりの確立で"新婦からご両親へのメッセージ"が登場します。

    本来、手紙というのはプライベートなものであって、関係のない他人に聞かせるものではないはずです。
    それを披露宴の演出の中に組み込むのであれば、それはもうプライベートなものではないということを頭に入れておいてください。
    だから…貴女とご両親の世界に入り込んでしまうことだけはやめましょう。ゲストの方々はひいてしまいますよ。

    ご両親との想い出に触れる場合、印象に残っているものに絞りましょう。
    稀に新婦が延々と過去の思い出話を涙ボロボロ状態で羅列している光景に遭遇します。新婦のご両親は泣いておられるのですが、その横でボーっと聞いておられる新郎のご両親のことがお気の毒でたまらなくなることがあります。
    まだ最後に新郎のご両親へのメッセージがひとこと(本当にひとことで良いのです)入っていれば、新郎のご両親も救われるし、聞いている私たちもホッとします。最後まで自分のご両親へのメッセージで終わってしまったときには、なんとも言えない空虚感を覚えることもあります。

    「両親への手紙」だから、ご両親へのメッセージだけを書くものだと思っていらっしゃる方が多いみたいですね。自分の家族、新郎のご両親や新郎の家族、さらにはゲストの方へのメッセージを入れても良いのですよ。

    よほどイヤでない限り、新郎のご両親へのメッセージを入れて差し上げてください。
    最後に新郎のご両親へのひとことが入っていれば、その前に延々と自分の両親へのメッセージが連なっていても結構バランスが取れるものなのです。

    次回は新郎の挨拶について書いてみるつもりです。
    参考にしていただければ幸せです(^^♪



    エステティックサロンぶどうの木へ

     
    - | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE