親愛なる貴女へ

  by ぶどうの木
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

披露宴ワンポイントメモ2 主賓編

0
    披露宴で主賓のスピーチの時、
    一般的に新郎新婦とご両親(会場によっては新郎新婦のみ)には
    会場スタッフが起立を促します。

    「どうぞご着席ください」
    もちろん、この一言は入れてほしいのですが、どこで入れるかですよね。

    マイクの前に立つや否や、その言葉をかける主賓の方がいらっしゃいます。
    その気持ちは重要ですが、ちょっと待ってください。
    スタッフはその言葉を聞くと、当然、新郎新婦を座らせようとします。
    新郎新婦は起立する体勢に入っている状態で、今度は真逆の動きをするわけです。
    体勢も崩れるし、見ていてあまり美しくありません。

    まずは落ち着いて新郎新婦と、後方にいらっしゃるご両家に対して
    祝意を伝えましょう。
    着席していただくのはそれからで十分です。
    祝意を述べるのと同時に、末席のご両親が起立してらっしゃるかどうかを
    ご自身で確認していただきたいのです。
    起立されていたら、新郎新婦とご両親に対して着席を促します。
    ご両親が起立されていなかったら新郎新婦だけにその言葉をかけてください。

    通常は、新郎新婦が着席したらご両親にもスタッフが着席を促します。
    でもあまり教育が行き届いていないアルバイトスタッフなどの場合はそこまで気が回りません。
    ご両親が、自分たちは座っていいものかどうか判断できずに
    キョロキョロしておられる光景に出くわします。

    だから、ご両親が立っていらっしゃったら、ご両親に対しても
    着席を促す言葉をかけてください。
    逆に、ご両親が立っていらっしゃらないのに
    「ご両親様もどうぞお座りください」と言うと、これもバツが悪いですね。

    主賓たる者、スマートに!
    まずは落ち着いて状況を確認しましょう♪



    エステティックサロンぶどうの木へ
    - | permalink | comments(0) | - | - |

    披露宴ワンポイントメモ1 新郎新婦編

    0
      披露宴の中で、新郎新婦は幾度もゲストから拍手を受けるシーンに遭遇します。
      たとえば入退場、また演出後など…

      お二人の傍らには常にキャプテンやアテンダーがいて
      その都度「ご一例ください」と声をかけていますが
      悲しいかな…
      その声は拍手の音にかき消され、新郎新婦には届かない(-_-;)
      ただニコニコしながら突っ立っている新郎新婦の多いこと(>_<)
      そうかと思えば誰も何も言わなくても、自然体で
      優雅なお辞儀で謝意を表す新郎新婦もいらっしゃいます。

      「おめでとう」と声をかけられたら「ありがとう」と返すはず。
      拍手には一礼をもって応じてくださいね。



      エステティックサロンぶどうの木
      - | permalink | comments(0) | - | - |

      進化するエンドロール

      0
        世の中のすべてのものに発明者がいて、すべてのことに発案者がいます。
        披露宴でのさまざまな演出。最初に考えたのは誰?と、時折考えます。

        比較的新しい演出ですが、今では定番になっているエンドロール。
        これを最初に考えたのは誰かしら?と思うことがあります。

        今から十数年前、ある新郎新婦からこんな相談を受けました。
        「友達のレストランウエディングで、最後、新郎新婦の退場後にゲストの名前が入ったロールテロップが流れて、それがとても印象的でした。私たちもそれがしたいんです。」
        私もそのお話を聞いて感動し、早速、司会者仲間やビデオ業者の方に相談しました。
        みんな感動して、シングル組はそろって「それ、私もやりたい\(^o^)/」と言いました。

        良いものは何でも、すぐに広がるものですね。
        それから2〜3ヶ月のうちに、エンドロールは商品化され、瞬く間に広がりました。

        最初は名前だけを流していたのが、バックの映像に、少し前に行われた挙式の写真が使われたり、さらにはムービーになって、ついさきほど見た光景… ケーキカットやキャンドルサービス、スピーチをされている上司の姿、お祝いの歌を歌っている友達の姿が映し出されたり…
        映画のラストさながら…

        また、ゲストの名前をそのまま流すのではなく、いつも呼んでいる呼び方を使ったり、一人ひとりに一言ずつメッセージを入れたり…
        会場は涙・涙・涙…

        劇場で素晴らしい映画を鑑賞したあと、テーマ曲をバックに流れるエンドロールに見入り、スタンディングオベーション… あれと同じです。

        映画では、ロケ地でお世話になった「○○町の皆様」という形ででテロップが流れることもあります。
        プランナーや司会者、キャプテンの名前、○○ホテルの皆様と入れてくださる新郎新婦もいらっしゃいます。
        「何をしゃべるの?新郎の謝辞」の記事でも書いたように、スタッフはチョ〜感激です。

        まだまだエンドロールは発展途上。
        今後、どんなバージョンが出てくるのでしょう?

        スピーチや余興をしてくださった方だけが、出演者ではありません。
        そう、その中の誰一人欠けても、その披露宴は成り立たなかった。
        レセプションを演出してくれた、すべての人に、新郎新婦が心を込めて贈る、オールキャスティングです。



        エステティックサロンぶどうの木へ
        - | permalink | comments(0) | - | - |

        何をしゃべるの?新郎の謝辞

        0
          披露宴の締めは新郎の挨拶です。
          さあ、貴女のパートナーはどんなご挨拶をなさるでしょう?

          マイクを持ったら、それはもう新郎の独壇場!! 誰も止めることはできません。
          最大限にアピールするチャンスです(*^^)v

          新婦のお手紙が主にご両親に対するメッセージなのに対して、新郎のご挨拶というのは基本的には宴の主催者としてゲストに対するお礼です。
          そのことをしっかりと認識した上で、せっかくマイクを持つチャンスを与えられたのですから、ご自分の言葉でご両親への想いを少し語ってみてはいかがですか?
          普段、面と向かっては言えないこともそのシチュエーションなら言えるものですよ(^^♪
          もちろんその前に、ゲストの方に一言断ってからにしてくださいね。

          それともう一つ…
          よほど意に沿わない場合を除いて、披露宴会場のスタッフに対して感謝の言葉を盛り込んであげてください。
          おひらき後、プランナーや司会者、宴会責任者に感謝の言葉をおっしゃると思いますが、それを宴中におっしゃってみてください。
          披露宴に携わっているのはプランナーや司会者だけではありません。
          お料理のサービススタッフ、そのお料理を作っている料理人、またDVDの制作者や席次表などの印刷業者…
          現場にいない関係者はともかく、その場に立ち会っているスタッフは、その一言でどれだけ救われるか…
          仮に貴女方がどんなにわがままなお客様であったとしても、それまでのわがままを帳消しにできるだけの威力があると言っても過言ではないでしょう。
          そして、疲れ切って足を引きずっているスタッフが飛び跳ねるまでにその疲れを取り除く魔法の言葉であるということも覚えておいてください。

          ただし、意に沿わなかった場合はその限りではありませんよ(^_^;)



          エステティックサロンぶどうの木へ
          - | permalink | comments(0) | - | - |

          何を書くの?新婦の手紙

          0
            さわやかなブライダルシーズンを控え、当サロンもブライダルエステのお客様でにぎわっています。
            と言うことで、前回に続き今回もブライダルネタをご用意いたしました。

            披露宴もおひらきが近づくとご両親への花束(記念品)贈呈のシーンへと進みます。そこでかなりの確立で"新婦からご両親へのメッセージ"が登場します。

            本来、手紙というのはプライベートなものであって、関係のない他人に聞かせるものではないはずです。
            それを披露宴の演出の中に組み込むのであれば、それはもうプライベートなものではないということを頭に入れておいてください。
            だから…貴女とご両親の世界に入り込んでしまうことだけはやめましょう。ゲストの方々はひいてしまいますよ。

            ご両親との想い出に触れる場合、印象に残っているものに絞りましょう。
            稀に新婦が延々と過去の思い出話を涙ボロボロ状態で羅列している光景に遭遇します。新婦のご両親は泣いておられるのですが、その横でボーっと聞いておられる新郎のご両親のことがお気の毒でたまらなくなることがあります。
            まだ最後に新郎のご両親へのメッセージがひとこと(本当にひとことで良いのです)入っていれば、新郎のご両親も救われるし、聞いている私たちもホッとします。最後まで自分のご両親へのメッセージで終わってしまったときには、なんとも言えない空虚感を覚えることもあります。

            「両親への手紙」だから、ご両親へのメッセージだけを書くものだと思っていらっしゃる方が多いみたいですね。自分の家族、新郎のご両親や新郎の家族、さらにはゲストの方へのメッセージを入れても良いのですよ。

            よほどイヤでない限り、新郎のご両親へのメッセージを入れて差し上げてください。
            最後に新郎のご両親へのひとことが入っていれば、その前に延々と自分の両親へのメッセージが連なっていても結構バランスが取れるものなのです。

            次回は新郎の挨拶について書いてみるつもりです。
            参考にしていただければ幸せです(^^♪



            エステティックサロンぶどうの木へ

             
            - | permalink | comments(0) | - | - |

            なぜなくならない?昔からの演出

            0
              まもなく春のブライダルシーズンの到来です。

              私がブライダル司会を始めてかなり経ちますが、披露宴の代表的な演出って変わりませんよね。もちろん新しい演出もいろいろ登場していますが、ウエディングケーキ入刀・キャンドルサービス・花束贈呈といった伝統的な(?)演出は今も健在です。
              なぜ皆さん、これらの演出を取り入れるのでしょう?

              それは非常に合理的で完成された演出だからです。しかも絵になっています。
              ケーキカットもしっかりとした意味合いがありますが、ここではキャンドルサービスと花束贈呈について少し触れてみたいと思います。

              ◇キャンドルサービス◇
              ただ新郎新婦が各テーブルをまわってキャンドルに炎を灯していくだけだと思っていませんか?
              「皆さん、今日は私たちの結婚式にご出席くださりありがとうございました。もっと皆さんのお側にいたいのですが、たくさんの方がお越しくださっています。私たちはこのテーブルに長居するわけにはまいりません。炎が灯りました。私たちは行かなければなりません。どうぞ引き止めないでください。本当に今日はありがとうございました。」
              炎が灯るまでの間に、これだけのことが暗黙のうちに了承されているのです。そしてビジュアル的にもきれいなのです。
              ほんのわずかな時間のゲストとの交わりときです。心を込めてゆっくりと一礼し点火、もう一度ゆっくりと一礼して次のテーブルへ移動しましょうね。

              ◇花束贈呈◇
              披露宴もおひらきの時刻が近づきました。
              最後にご両家代表のご挨拶と新郎のご挨拶があります。やはり高い席からではなくへりくだって末席で行うのが一般的です。そのためには前にいる新郎新婦が末席へ移動しなくてはなりません。末席にいらっしゃるご両親に何かを届けるかたちにすればスムーズに移動できますよね。しかも今日の日までの感謝という届けものなら決して不自然ではありません。実に合理的で尚且つ絵になると思いませんか。

              キャンドルサービスも花束贈呈も少しずつ変化はしてきていますが、それでもなくならない…
              やはりそれは…非常に完成度の高い演出だからです(~o~)v



              エステティックサロンぶどうの木へ

               
              - | permalink | comments(0) | - | - |

              街宣車の中では…

              0

                前回「街宣車の車窓から」というタイトルで記事を書いたように、私はこれまでたくさんの街宣車(選挙カー)に乗ってきました。
                狭い空間の中で何時間も一緒に過ごすわけですから、いやでも候補者の人となりが見えてきます。

                選挙というのは、想像以上に過酷なものです。
                普段、とても温厚な候補者でも疲労が蓄積してイライラすることがあるのですから、そうでない方はなおさらです。

                政治家は人格者であってほしいと願うのは贅沢なことでしょうか?
                選挙期間中、ずっと行動を共にするわけですから候補者と世間話もします。
                候補者も感情を持った一人の人間だということは理解しています。
                ただ運動員もまた一人の人間なのです。感情と<strong>一票</strong>を持った一人の人間です。
                心を許してくださっているのか、それとも私たちが有権者であることを忘れておられるのか…
                センセイ方、あなたの周りにいる人たちは全員味方とは限りませんのでどうぞお気をつけくださいませ。

                そうそう、少し前の地方選挙でこんなことがありました。
                選挙中、支援者のお知り合いのご不幸を知った候補者。
                お通夜に出ようかお葬式に出ようか、街宣車の中ですごく悩んでいらっしゃいました。
                選挙中は奥様などが代理として弔問されることが多いのに、このセンセイ、義理堅く情の篤い人?と思った次の瞬間、「どっちに顔を出した方が票が集まるかな〜?」とポツリ。
                あ〜なるほど(*_*)それでそんなに悩んでいらしたのですね(-_-;)
                「だったらセンセイ! 両方行って差し上げたら?」

                もちろん、志高く立ち上がる候補者がいることも事実です。
                経験上、そんな候補者ほど苦戦を強いられていますが…

                なにはともあれ、暑い時期です。
                候補者、ならびに運動員の皆さん、体調管理には十分気をつけてくださいね。
                あなた方の敵は他候補だけではありません。
                目に見えないけれど、非常に手強い敵。「し・が・い・せ・ん」という名の敵にお気をつけくださいませ。

                そして応援してくださる皆さん。
                以前の記事にも書きましたように、皆さんが振ってくださる手は候補者や運動員の疲れを取ってあまりあるものです。
                でも、UV対策はしっかりなさった上で手を振ってくださいね。
                もちろんその手には、UVカットの手袋を忘れずに(^_-)-☆


                エステティックサロンぶどの木のホームページへ

                - | permalink | comments(0) | - | - |

                街宣車の車窓から

                0

                  今年は統一地方選挙の年。貴女の街でも街宣車(選挙カー)が往来することでしょう。市議会議員選挙となると、狭い街を数十台の街宣車が走り回るわけですからかなり騒々しくなります。
                  私はマイクを持つ仕事をしている関係上、街宣車に乗ることもしばしばあります。市議会クラスから県議会、市長、知事、国政選挙に至までさまざまな街宣車に乗り込みます。いわゆる"ウグイス嬢"。"嬢"という年齢ではありませんが、実際、”ウグイスおばさん”はたくさんいますよ。20歳代から同じセンセイの街宣車に乗って、センセイと一緒に年輪を重ねて数十年…60歳を超えてなおも現役で活躍している大先輩もいらっしゃいます。そんなウグイスおばさんのパワフルなこと…長いお付き合いなのでもうセンセイに惚れ込んでおられるのでしょうね。かなり気持ちが入っています。
                  街宣車という狭い空間の中で、候補者の素の人柄を観察できるということは、この仕事の特権かもわかりません。もっぱら私は、住宅ウォッチングと人間ウォッチングをしているのですが…
                  選挙戦の裏話をするとキリがありませんのでそれは別の機会に譲るとして、本題に入りましょう。

                  住宅街や狭い道路で街宣車に出くわした時、街宣車から貴女一人に対して声をかけられた経験はありませんか?そんな時、貴女はどうなさいますか?
                   無視する? にらみ返す? 笑みを浮かべて軽くうなずく?
                  街宣車には、候補者やドライバー、ウグイス嬢の他に"お手振り要員"として多種多様な人たちが同乗しています。実に正直にモノを言う男子学生や口の悪いオジサマ方…
                  仮に貴女が街宣車に向かってにらみつけたなら「コーワイ顔(`´)」などと言われていることを覚悟しておいてください。逆に優しく微笑み返したなら「キレイな人(*^。^*)」と言われるでしょう。
                  私は長く街宣車に乗ってきてわかったのですが、彼らの言っていることは多くの場合、真実なのです。街宣車に対して微笑み返してくれる方は、皆さん本当にキレイなのです。きっとそれは、その方が優しい心の持ち主だからなのだと思います。静かな住宅街を騒々しく走る街宣車…迷惑なことを、運動員は百も承知です。候補者への支持・不支持とは関係なく、少なくとも運動員に対して労いの気持ちを示せる方…そのおおらかさ、優しさがその方を輝かせているのだと思います。

                  だから…貴女がより美しくなるために提案します。
                  今後、街宣車に出合ったなら、「うるさい」と思う気持ちをグッと飲み込み、微笑み返すことから始めてください。すると貴女は、街宣車の中からいくつもの「ありがとうございます」という言葉を受け取るでしょう。そして、通り過ぎた街宣車の中で貴女は「キレイな人」と言われているのです。それらの要因が、貴女をますます美しく輝かせることでしょう。

                  さあ、まずは鏡に向かって自分自身に微笑んでみてください。一日頑張った自分自身に労いの気持ちを込めて…☆


                  エステティックサロンぶどうの木へ

                  - | permalink | comments(0) | - | - |

                  貴女だけじゃない!マリッジブルー

                  0

                    彼のことは好き!
                    結婚式もすごく楽しみ!
                    披露宴ではあんなこともこんなこともしたい!
                    それなのになぜか気分が晴れなくて…
                    あるいは気持ちの上では問題なく思えても、環境が変わることへの拒否反応が体調に現れることも…
                    子供のときになったきりのじんましんやアトピーが再発。
                    ニキビなんてめったにできなかったのに、挙式日が近づくにつれてニキビだらけ。
                    初めての生理不順を経験。
                    そんな貴女を見て、彼は「オレと結婚するのが嫌なのか?」と傷つく。
                    「そんなつもりはないのに」と貴女(T_T)

                    入籍日も自分で決めてルンルンでいたはずの貴女。
                    でもその日が近づいてくると、彼に入籍を遅らせてほしいと懇願する貴女。
                    入籍を済ませた後、なぜか涙が… そして最後には号泣している貴女。

                    私は日々、そんな女性たちを見ています。

                    大丈夫!それで普通なのだから。
                    貴女は… これまで親しんだ姓を捨てて、今後、彼の姓を名乗っていくのですよ。
                    貴女を愛してくれたご両親と異なる姓でこれから先、生きて行くのですよ。
                    ひとときブルーになって当たり前です。

                    結婚式というのは、人生のなかで大きなイベントです。
                    10年間交際していて一度もケンカをしたことがなかったカップルが、結婚が決まり、一つひとつ決めていく過程で大ゲンカ。
                    「本当に彼でいいの?」誰もが自分自身に問いかけます。

                    実際、結婚式の1週間前、ひどい場合は3日前に新婦のマリッジブルーが原因で結婚式をキャンセルということもあります。
                    また、私はこんな経験もしました。
                    披露宴前日に新婦から司会を担当する私にお電話をいただいたのです。
                    「私は今の状態ではとても彼とは一緒に暮らせません。でも明日の結婚式はそのまま行います。」と。
                    彼女は当日、見事に女優を演じていました。どこから見ても、幸せいっぱいの花嫁でした。

                    いろいろな選択肢があるでしょう。
                    そのまま突き進む? 結婚式を延期する? あるいは白紙にもどす?
                    結婚式というセレモニーがなければ、もしかするとそんなに悩まずに貴方たちは夫婦になることができたかもわかりません。
                    でも、ちょっと待って!
                    結婚式までの準備期間というのは、貴女と彼がこれから先、夫婦としてやっていけるかどうか試される大切な期間ではないでしょうか?
                    それを乗り越えることができなかったなら、結婚すべきではないのかも…

                    マリッジブルーで悩み抜いた、ある女性はおっしゃいました。
                    「結婚式をやってよかったです。マリッジブルーを経験してよかったです。それを乗り越えたからこそ、彼との絆がより強まり、今は結婚前より彼のことが好きです。」

                    今、マリッジブルーの真っ只中にいる貴女。
                    きっと貴女にも、誇らしげにそう言える日がやって来るのでは(*^^)v


                    エステティックサロンぶどうの木へ

                    - | permalink | comments(0) | - | - |

                    和婚式

                    0

                      神社やお寺で挙式して、料亭でご披露宴。
                      そんな和婚式が静かにブーム!?
                      お部屋に入られた瞬間、ガラス越しに広がるお庭の景観にお客様は大喜び!!

                      お茶屋さんは「一見さんお断り」ですが、婚礼なら舞妓さんや芸妓さんにもお目にかかれますよ。
                      艶やかな舞を堪能し、間近でお妓さんたちとお話したり記念撮影をしたり…
                      料亭によって料金に差はありますが、思っていらっしゃるほど(?)お高いものではありません。
                      お妓さんたちが入ってこられたときには歓声が上がること間違いなし!!


                      テレビCMにも出演されたことがある先斗町の芸妓さん
                      撮り方が悪いですが、本当にお綺麗なお妓さんです。

                      エステティックサロンぶどうの木のホームページへ

                      - | permalink | comments(0) | - | - |
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode
                      PROFILE